今年一年お疲れ様でした!

2014年が終わろうとしてますね!

今年は皆さんどんな年だったでしょうか?

いいことがあった人もいれば、ついてない年だった人もいると思います。

わたくしどもは人生経験豊富な西岡ダンスの方々とおつきあいさせていただき、とても充実した一年でした。

西岡ダンススタッフ一同、来年はさらに充実した1年間になるように頑張ってまいります!!

今年も1年間ありがとうございました!!

2 コメント

西岡ダンススクールXmasパーティー2014

トライアル、華麗なるダンスです!!
続きを読む 2 コメント

勝手に人物紹介1

みなさまおひさしぶりです!!

 

冬眠してました。

 

 

 

気づけば西岡ダンスのXmasパーティーも間近に迫ってきております。

 

今回のスタッフのフォーメーションは無免許二人を含む超危険な高速バトルなフォーメーションです!!!

楽しみにしていてください!!

 

さて、今日は本人の同意は得ていませんが、学連出身者の学連時代を勝手に紹介していこうと思います。

 

第一回目は上のお写真のかたです。

 

 

誰でしょうね~

 

 

今とあまり変わらないのでわかりやすいですね!!

 

岩城聖です!!

 

写真は学生時代のスローのオナーダンスの写真です。

学生時代のパートナーは現在JBDFA級で活躍されている佐山先生パートナーの宮原先生です。

 

学生時代の岩城組といえばワルツ、スロー、麻雀の名手で、特に学生の踊りとは思えない滑らかなスローは3年生のうちから全日本などのレギュラー戦で優勝を飾り無類の強さを誇っておりました。

 

テニスでたとえるな赤土の王者ナダルのような存在ですね。

 

ただ今からは想像できませんが、当時はワルツとスローの強さとは打って変わってタンゴとクイックが著しく劣っていたため四種総合の試合ではあまり振るいませんでした。

 

しかしワルツとスローのみの総合でしたら間違いなく世代最強だったでしょう。

 

この世代は現在、チャンピオンやA級選手が多く、長い学連の歴史の中でもトップ3に入るハイレベルな世代だったのではないかと思います。

 

ということでさようなら~

 

 

0 コメント

偉大な先人

こんばんは!!


わたくしは寒さで再び冬眠寸前ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?


今年は錦織選手の全米オープン準優勝で日本中が大いに盛り上がりました!!

今、テニス界は短いオフシーズンに入っておりますが、年が明けますとすぐにツアーが開幕し、一月の中旬からは四大大会の一つであります全豪オープンが開幕します。


錦織選手も日本を離れシーズン開幕にむけてトレーニングを開始したようです。

来年もけがをせずに大活躍してもらいたいですね!!


さて今年は錦織フィーバーでしたが約20年ほど前に日本テニス界にフィーバーを巻き起こした人物がおります。


20年も前だと、いま西岡ダンスに習いに来ている方は今よりもさらにピチピチだったと思われますが、

そのフィーバーを起こした人物とは、皆様ご存知の松岡修造です。


松岡修造といいますと熱いトークや熱血指導が行き過ぎてどこか笑えるキャラとして定着してしまいましたが、20年前は現役バリバリのプロテニスプレーヤーで錦織選手が現れるまでは松岡修造の世界ランキングが日本人の最高ランキングでした。


当時の日本テニス界は女子の伊達公子選手が大活躍していたため男子テニスにスポットライトが当たることはほとんどありませんでしたが、1995年のウィンブルドンで松岡修造は日本人男子初のベスト8(オープン化以降)に進出し、日本テニス界を熱狂の渦に巻き込んでくれたのでした。

当時わたくしもライブで見ていて大興奮したのを覚えております。


準々決勝では当時の芝最強の男であるピート・サンプラスに惜しくも敗れてしまいましたが、現在のキャラからは想像のつかない日本テニス界のヒーローでした。


ケガの多い選手だったのでなかなか安定した活躍はできませんでしたが、松岡修造のベスト8の道を開いたことによって日本人選手の目標が上がり、今回の錦織選手の活躍につながったといっても過言ではないと思います。



画像は汚いですが当時のベスト8を決めたウィンブルドンの試合です。

http://youtu.be/Uw66pqTojhs


今回の錦織選手の活躍で今後もニュースターが出てくるかもしれないですね!!!


楽しみです!!!


ではまた!



0 コメント

知る人ぞ知る高校サッカー

皆様こんにちは!

 

冬の風物詩といえば12月30日から開催される全国高校サッカー選手権大会ですが、高校サッカー界には知る人ぞ知るハイレベルな大会がもう一つあります。

 

それは高円宮U-18プレミアリーグとプリンスリーグです。

 

これは各地区の有力高校とユースチームがリーグ戦を行いチャンピオンを決めるというもので、高校世代のJリーグみたいなものです。

 

位置づけとしてはプレミアリーグが最上位のリーグとして東日本と西日本に1リーグずつ、

その下部リーグとしてプリンスリーグが北海道、東北、関東、東海、北信越、関西、中国、四国、九州に各1リーグあります。

 

ユースチームとはなんぞや?という人のために少し説明いたしますと、ユースチームとは高校の部活のチームとは違いプロのサッカーチームなどがが運営しているチームで浦和レッズやガンバ大阪などJリーグに参戦しているチームは大体ユースチームを持っております。

 

そして高校チームとユースの力関係ですが、今年のインターハイを制した高校日本一の東福岡高校がプレミアリーグWEST(西日本)に所属しており10チーム中7位で、東福岡高校より上位のチームはすべてプロチームの運営するユースチームでした。

 

恐るべしユースチームですね。

 

現在の高校サッカー界では上手な子はユースチームに所属し、それに漏れた子が高校サッカーに進む傾向が強く、

 

ユース=エリートコースみたいな感じになっております。

 

 

今年の高校世代の日本一を決める試合は12月14日に埼玉スタジアムで

 

柏レイソルU-18 対 セレッソ大阪U-18

 

です。

 

この中から未来の日本代表選手が出てくるかもしれませんね!!

 

がしかし、日本代表の傾向ですが、主力選手はじつは高校サッカー出身の選手が多く、ユースチームに入れず悔しい思いをした選手が高校サッカーで頑張ってユース選手を逆転していくパターンが多いようです。もちろん、進んで高校サッカーを選ぶ子もいますが。

 

本田、岡崎、遠藤、内田、長谷部、長友、大迫、細貝は高校サッカー出身


香川、柿谷、清武、吉田、酒井はユース出身

 

 

ユースに入れなかった選手で有名なのは中村俊輔や本田圭佑で、

 

中村選手はマリノスユースにはいれずに桐光学園へ、本田選手はガンバユースにはいれず星陵高校へと進み、高校サッカーからJリーグそして世界へと羽ばたいていきました。

 

人生は長いですから途中挫折があったとしても努力を継続していくことは大事ですね!!

 

 

ということで日々頑張っていきましょう!!!

 

 

 

 

 

0 コメント

全日本学生競技ダンス

皆様こんばんは!!

 

そしてお久しぶりです!!笑

 

寒さで冬眠寸前でしたのでブログさぼりました!!


いや~さむい、さむい

 

パーティーシーズン真っ只中ですが、学生のほうは今年のメインイベントであります冬の全日本が行われました。

 

西岡の学生たちも頑張ってきました!!

 

みんなあと一歩というところで悔しい成績のカップルが多かったですが、しっかり健闘していたと思います。

しかしこの悔しさを無駄にしないでしっかり今後の社会人としての生活を頑張ってもらいたいと思います。

 

四年生の皆さんお疲れ様でした。



また同じ日にラテンの世界選手権が行われたようで日本の金光組がクオーターファイナル、増田組が最終予選まで進出したもよう。

日本人にとってはセミファイナルが高い壁となっておりますが、今後もチャレンジしていってとっぱしてもらいたいです!!



 

 ではまた明日!!

 

0 コメント