臨時選手総会

今日、臨時選手総会が開かれました。


議題はなんと!


日本インター開催の賛否を選手会としてどうするかというもので、選手会の決断はボイコットという信じられない決定を下しました。


選手会の理事の方の大半はJBDFのインター開催の方式に対して反対しており、JBDFのネガティヴな情報をたくさん聞かされたうえでの今回の決議は正直わたくしはアンフェアだと思いました。(今回JBDF側の意見を聞く場は設けられませんでした。)


今回JBDFのとった日本インターの開催方式はジャッジにWDC3人、WDSF3人、日本人3人を呼ぶというもので選手会はWDSFジャッジが日本インターにはいることを反対しておりました。


理由は、

JBDFの多くの選手はWDCのジャッジにレッスンをいままで受けてきた経緯があります。そして現在WDCWDSFは敵対しておりもし日本インターに出場するとWDCジャッジから嫌がらせを受けるかもしれないということです。


しかしWDC側からは公式に日本インターに出場したことでペナルティを科すというような文章はきておらず、仮にWDC側のジャッジがこのようなことをいったならそれはWDC側に問題があると思います。なぜなら日本インターはJBDF主催の競技会だからです。WDCの公認の試合ではありません。


いろいろな団体の思惑があるのでわたくしの知る限りの情報でお伝えしますと。


JBDF

競技ダンスのオリンピック種目採用や国体種目採用をめざし、競技ダンスを幅広い年齢層に広げていきたいと考えている。

そのためにはアマチュア団体のJDSFとの連携は不可欠である。


JDSF

日本のアマチュア団体でありオリンピックを開催するIOCとつながりがあるWDSFの加盟団体。オリンピック種目を目指して活動しております。


WDSF

IOCとつながりのある世界的組織。JDSFが加盟している団体。オリンピックを目指し、オリンピックに適応できる公平なジャッジシステムを模索。WDCとは敵対関係。


WDC

ブラックプールやUKなどに関わっている世界的組織。オリンピックには適応してないジャッジシステム。よってIOCとのつながりなし。WDSFとは敵対関係。


選手会

WDCの先生に長年レッスンを受けてきたりインターや海外の試合でジャッジをしてもらっている経歴がある。

特に今回の理事はWDCにお世話になっている選手。



現在JBDFはオリンピックめざしてJDSFと連携を図ろうとしておりますが、WDCはJDSFとの連携を快く思っておらずJDSFとの関係を切るようにJBDFに求めております。しかし日本のダンスをより多くの方に知ってもらいダンスの地位向上にはIOCと繋がりのあるJDSFとの関係は切ることができません。そして、よくオリンピックなんて無理というような人もおりますが、仮にオリンピック種目になれなかったとしても目指しているの団体と目指してない団体とでは大違いです。


またJBDFがJDSFと連携していきオリンピックを目指す団体となればより公平な審査基準やルール作ることが必要になり選手にとってもより納得のいく競技会が開催されるはずです。



そして今回のインター、公平さで考えた場合でもWDSFジャッジは日本人選手をほとんど初見で審査するのでその日の踊りを評価してくれる可能性が高い。一方WDCジャッジは日本の国内順位を把握しておりまた選手とジャッジに師弟関係が生まれている場合が多々存在しているため、海外留学経験の少ない若手選手には不利。


しかし今回、コンペの公平な審査を求めるはずである選手会は逆の決断を致しました。


当初、誰が上がるか予想のつかないスリリングなコンペになる予定だった日本インターを自分たちを知ってくれてる人がジャッジをしないと嫌だと選手会の理事は言ってるようにしかきこえませんでした。


今回選手会がボイコットという決議をだしましたが、反対派もおり仮に出場しても選手会からは罰則はしないそうなのでわたくしは関係なく出場する予定です。


一般のかたはすでに選手とつながりのあるジャッジがたくさん並んでるコンペとそうでないコンペどちらがフェアで面白いと思いますか?










コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    bouzu (木曜日, 07 5月 2015 13:15)

    選手会の決定がもっともだという意見ばかりでしたが、やっと選手会での反対意見を目にすることが出来ました。
    選手はWDCの指導者に指導を受けており、WDSFに審査を受けると不利になるとか、自分たちにはwdsfの踊りはできないとか、ネガティブな意見ばかりで、これからのダンス界はどう変わっていくのか、自分たちの業界を盛り上げていくための展望が感じられない残念な結果だと思っていましたので、そんな選手ばかりでないことを知り、すこしほっとしています。
    旧態然として将来性のない団体を見限って活躍しているミルコを見習ってほしいと思います。

  • #2

    管理人 (木曜日, 07 5月 2015 16:57)

    私は学連からダンスを始めて競技ダンスということでダンスを頑張ってきました。もちろん今はダンス自体が大好きですが、当時は競技だったということが最大の頑張れる理由でした。学連の試合は毎試合なにが起こるかわからないドキドキがありました。それはジャッジと選手の間に利権がなく純粋だからだとおもいます。
    プロの試合と比べればレベルは低いのですが、見ていて熱くなるのは学連の試合です。トップ選手の事情はあるのかもしれませんが、学連の試合のような純粋な試合がプロでもできるといいなぁと思ってます。

  • #3

    篠田沙代子です。BDJの事務局を担当しています。 (金曜日, 08 5月 2015 01:51)

    WDC. とWDSFについて、またJBDFについての情報がかなり正確なので驚きました。一つだけWDSFとWDCの関係性が何故上手くいかなくなったのか?ということですが、1997年にIDSF(WDSFの前身)が、IOCの認可が下りオリンピック種目への101番目の候補種目になりましたが、アマとプロの両方が存在する種目でなければならないという事から、当時のIDSF会長が、アポをとってロンドンへWDCのプロと共にオリンピックを目指しませんかと、話し合いに向かいましたが、門前払いで、話し合いのテーブルにさえつこうとしなかったそうです。その後も何度かトライしたが、結局話し合いさえしようともしないので、交渉することを諦めたとのことでした。
    しかし、IDSF はオリンピックに入ることを諦めずに針を固め
    自分達の団体の中にプロを作って行くことを決めて、最初はIDSFの外郭団体として世界のプロが入会し易いようにしました。それがIPDSCでした。(2008年)その後粛々とオリンピックに入るという目的の為に組織を大きくしてWDSFという傘を作り、他のダンス、チアリーディング、ロックンロール協会、車椅子ダンス等も傘下に治め、競技会規定や定款、アンチドーピング、審判方式の整備や審査基準をハッキリさせる為には教本を作り、透明性のある審査を目指して審査員規定を厳しくした上、審査員のランダム選出方式を採用したり、競技会を盛んにしてスポーツとしての認知度を高める為の努力が、積極的に行われて来ました。また、WDSFの加盟国は101ヶ国うちプロ部門を持つ国が51ヵ国です。WDSF加盟国の半数は既に各国のIOCに認可されている為、メイン競技会の際には国立のスタジアムや大型の体育館等で開催されています。もちろん、選手はジュビナイル、ジュニア、ユース、アダルト、シニア、プロ部門もアダルト、マスタークラス1,2など幅広い年齢層のカテゴリーがありますので、参加者の多さに驚きます。そしてイギリス以外のヨーロッパ特にイタリア、ドイツ、ロシア、フランス、スペイン、ルーマニア、などの国々ではジュニアからの若年層を国の助成のもとにどんどん育成しています。日本でも早くプロとアマチュアが協力して選手を育成し、ダンスをしてゆけるようになれば良いと思います。

  • #4

    管理人 (金曜日, 08 5月 2015 12:48)

    貴重な情報ありがとうございます。
    多くのダンス関係者が現在の事情を知ったうえでダンス界を考えていけるといいなぁと思ってます。

  • #5

    山田 (日曜日, 10 5月 2015 08:40)

    初めてこちらに伺いました。

    私は中立派と言いますか、「友好的に」JBDFとJDSFが協力しあって行けるならば最善だと思いますし、このような日本インターの開催も喜ばしいと思います。

    ただ、こちらの文章を拝見してひとつ言わせていただきたいと思ったのは、「これまでの日本のダンス界はWDCと共に歩み、支えられ、育ってきた」という事です。
    もちろん現役選手だけでなくJBDF本部の先生方も例外ではありません。

    産みの親・育ての親(そういう言い方が適しているかは分かりませんが)から次のステップに向けて巣立とうとするならば、その親に対しての敬意は払うべきだと思います。
    突然、別の(しかも敵対している)団体のシステムを取り入れ、別の団体のジャッジや選手と並べろと言うのはどうなのでしょう。

    将来その方向に動くにしろ、まずは親を立て、急な理解が得られないのであれば、もう少し時間をかけて理解してもらうよう努めるべきでは??

    選手会が言っているのはそういう点なのではないでしょうか。

    ちなみに付け加えさせていただきますと、「WDSFの審査員だと日本人は初見だからフェア」とのことですが、
    WDSFのジャッジも日本人選手を教えていますし、キャンプも行うなど師弟関係がある人にはあります。
    とあるWDSFジャッジ(外人です)から聞いたところによりますと、審査の際メモが回ってくるとか…。
    すみません、後者は余計だったかもしれませんが、WDCだとアンフェアでWDSFだとフェアだとは言えないという事です。

  • #6

    管理人 (日曜日, 10 5月 2015 08:48)

    素晴らしいご意見ありがとうございます!
    とても参考になりました!
    いろいろ方向からのコメントがあってこちらも勉強させてもらってます!
    またよろしくお願い致します。

  • #7

    ダンス好き (月曜日, 11 5月 2015 19:03)

    選手会のボイコットには理解できないです。この程度だから世界で通用しないのでしょうね。

  • #8

    私もダンス好き!! (月曜日, 11 5月 2015 20:25)

    色々と事情はあるのでしょうが、
    私も「ダンス好き」さん同様、選手会のボイコットには賛成できません。

    JBDFの内部にも、選手会の立場をよく理解してくれている人もかなりいるはずです。

    それでも、JBDFという組織に属している立場上、
    一旦決まったことには従って、
    この伝統ある大会を盛り上げるように協力しなければなりません。

    なぜなら、ダンスを愛しているからです。

    そして、
    辛くても、悔しくても、それが本当にプライドある大人というものだからです。

    インターをボイコットするということは、
    彼ら、選手の味方になりうる先輩たちを苦しめることになります。

    また、
    選手会のサイドの人たちのインターネット上で発する言葉は、
    激しく下品なものが多く、
    ボールルームダンスを愛する者にとっては、とても残念です。

    こちらのブログではどなたも、
    冷静に意見を述べておられるので、
    大変勉強になると同時に、ほっとしました。

    大好きなダンス界、どうぞいい方向に行きますよう、
    心からお祈りしております。





  • #9

    管理人 (月曜日, 11 5月 2015 21:32)

    コメントありがとうございます。
    一選手としてボイコットだけは考えてなおしてほしいと思っております。